VirtualBoxのアップデートが出た

仮想デスクトップでVirtualBoxを起動すると、VirtualBoxのアップデートを知らせるメッセージが出る場合があります。その場合は下記の手順でVirtualBoxのアップデートを行ってください。

  1. 仮想PCのWindowsを終了する。
  2. 管理Topページにログイン(こちらをご参照下さい)
  3. 画面上部の[高度な設定]をクリックし、「サービス追加削除(一般)」をクリック。
  4. 画面上部の[アップデート]をクリックし、「サービス一覧 アップデート」をクリック。 未実行のアップデートがあれば表示されるので、実行する。
  5. [高度な設定]サービス追加削除(仮想デスクトップ) 仮想PC(パソコン) VirtualBox の「U」をクリックし、最新版をインストール。

アップデートの実行前・実行後にバージョン確認するといいでしょう。

上記手順でVirtualBoxをアップデートしたら、仮想デスクトップにログイン、画面左上アプリケーション → システムツール → Oracle VM VirtualBoxとクリックし、VirtualBox起動。 VirtualBoxのメニュー ヘルプ → VirtualBoxについて で、バージョン確認できます。

※VirtualBoxのアップデートは入ったが、弊社の対応が済んでいない → U をクリックしてもアップデートされない、という場合があります。その場合、VirtualBoxをそのまま使っても問題ありませんので弊社の対応(動作確認等)が完了するのをお待ちください。

カテゴリー: 仮想 | 投稿日: | 投稿者: